Tag / 税務と居住権

    Loading posts...
  • 税務と居住権 | Australian Taxation Office

    [ad_1] ポスター形式でのこの情報の概要については、税務と居住権 (PDF, 772KB)This link will download a fileを参照してください。 税務状況を理解するためには、税務上居住権があるかどうかを知る必要があります。税務上の居住権は、他の目的における居住権と異なる場合があります。あなたがオーストラリア国民でなくても、また移民目的の永住者でなくても、税務上は居住権がある場合があります。 居住権と税金 個人として、以下の3つのカテゴリーのいずれかに当てはまります。 税務上オーストラリア住民である 以下の居住権テストのいずれかを満たす場合、税務上オーストラリアの住民となります。 これは、すでに海外に税金を支払っている場合でも、世界中から得た所得をすべて申告しなければならないことを意味します。 同一所得に対するオーストラリアの税金を減額するために、国外の所得税の相殺が一般的に利用できます。 外国人居住者 以下の居住権テストのいずれかを満たさない場合は、外国人居住者となります。 外国人居住者には、免税のしきい値がなく、メディケアの課税額は支払いません。 あなたは、オーストラリアの納税申告書において、課税対象となるオーストラリア資産のキャピタルゲインを含め、オーストラリアで得られたあらゆる所得を引き続き申告しなければなりません。 高等教育融資プログラムまたは貿易支援融資の負債がある場合、世界中の所得を申告するか、納税申告義務なしを通知する必要があります。 一時 滞在者 一時滞在ビザを所持し、あなたまたはあなたの配偶者が1991年社会保障法 (オーストラリア国民または永住者ではない)の定義でオーストラリアの住民でない場合、あなたは「一時滞在者」となります。 一時滞在者として、あなたはオーストラリアで得た収入と、オーストラリアの一時的滞在者である間に海外で行われた雇用やサービスから得られたすべての収入だけを申告する必要があります。 その他の外国所得およびキャピタルゲインは、申告する必要はありません。 ワーキングホリデーメーカーと双方居住者には別の規則があります。 双方居住者とワーキングホリデーメーカー 双方居住者 あなたがが国内所得税法上はオーストラリアの住民であり、他国の税法上は他国の住民である場合は、双方居住者とみなされます。オーストラリアが外国と二国間租税条約を締結している場合、通常、どの国がオーストラリアおよび外国源泉所得に課税する権利を有するかを、租税条約の居住地判定によって決定します。 その他の参照項目:…